パソコンの用で広島市内まで

朝から雪がパラパラするので広島市内に在るTAM宅の杉の木を剪定したりパソコンの事でも用があったので出かけた
市内に近づくとワイパーを使うほどの雪になった、杉の木に登るための二連梯子や剪定用具を軽トラに積み込んで行ったけど濡れる雪だったので中止、パソコンのことを聞いたり喋ったりで日が暮れた
肉を食べに行こうと誘われたがお好み焼きが食べたくなってそちらですっかりご馳走になった
帰り道は千代田に近づくほど積雪が増してくる

千代田は降っていなかったが市内R2は雪になった

千代田は降っていなかったが市内R2は雪になった

TAMさんはパソコンで

TAMさんはパソコンで

私はコーヒーいただいて喋るだけ

私はコーヒーいただいて喋るだけ

TAMさんの近所のお好み焼き屋

TAMさんの近所のお好み焼き屋

鶏の炭火焼

鶏の炭火焼

カキのバター焼き

カキのバター焼き

お好み焼き

お好み焼き

帰りの広島市内

帰りの広島市内

家に近づいたらすっかり雪道に

家に近づいたらすっかり雪道に

危険木処理に行って地鎮祭に参加

地鎮祭が終わる頃を見計らって休みで帰ってきた英絵を連れて材木の搬出に行った
行ってみたら未だ準備中、「折角じゃからどうぞこちらへ」と参加を促された、「遠くから見せてもらいますよ」と伝えたが「まぁそー言わずに!」で結局二人とも玉串の奉奠をさせてもらった。

とても心のこもった地鎮祭だった、幸せな暮らしのできる家になりそうな気がする。

爽やかな秋晴れの中で地鎮祭

爽やかな秋晴れの中で地鎮祭

地鎮祭には様々な内容があります

地鎮祭には様々な内容があります

危険木の処理

木が倒れて家を破壊しないために危険木の伐採を頼まれた
太さは径30cm~65cm、樹高21mの大木だった

今回の一番大きなモミの木根っこだけでも私より大きい樹

今回の一番大きなモミの木根っこだけでも私より大きい樹

伐倒方向を大きく左右するのが「受口」と云って樹を倒す側に大きく切り口を空ける作業
この受口で倒れる方向がかなり左右される

思い通りの伐倒が出来て‘どや顔’

思い通りの伐倒が出来て‘どや顔’

松さんのおかげでかなり良い仕事になった

松さんのおかげでかなり良い仕事になった

こんな作業はかなりの危険を伴うので落ち着いて現場の多方面に気配りできて
チェンソーを使い慣れて気心の知れている人でないと安心して作業できない
松さんはそれが出来る人なのでお願いした

足元は良いけど伐倒方向は5~15度の範囲内にしないと下にある小屋を潰してしまう
樹は曲がっていたり枝が一方向に偏っていたりさまざまな方向に重心がある
それを決まった方向にしか倒せない
通常の伐採ならこんなに手間をかけないでどんどんと作業を進める
「追い口」を切る時には樹冠の動きを気にしながら倒れるのを探る

家の方向に太い枝が多く伸びているのでこのままでは建物に被害が

家の方向に太い枝が多く伸びているのでこのままでは建物に被害が

登って枝を切り落とした、これで樹の重心はかなり幹に近づいた

登って枝を切り落とした、これで樹の重心はかなり幹に近づいた

倒す方向の受口ができたので追い口を切り始める

倒す方向の受口ができたので追い口を切り始める

受けと追いの間に少しだけ切らない部分を残してクサビとチルホールで引いて予定方向に倒す

受けと追いの間に少しだけ切らない部分を残してクサビとチルホールで引いて予定方向に倒す

思い通りの方向に倒れた後の樫の木

思い通りの方向に倒れた後の樫の木

今日はかなりの精度で倒す予定ポイントより20cmの差だった