山で泥落とし

今でこそトラクターや田植機でやれるけど子供の頃は牛を使って耕したり代搔きを、植えるのはもちろん人間が田んぼに入って植えていた、当然みんな泥だらけ で、田植えが終わったらご馳走を食べてゆっくり過ごしていたこれが【泥落し】

いつもお世話になっている松さん吉さんうちとで6人の遅くなった【泥落し】

いつもお世話になっている松さん吉さんうちとで6人の遅くなった【泥落し】

物干しの横で咲いた菖蒲の花

物干しの横で咲いた菖蒲の花

これ一輪だけ紫が濃い

これ一輪だけ紫が濃い

ひろしまみなとマルシェに出店

ミルキークイーンとコシヒカリを並べてチョッと休憩

ミルキークイーンとコシヒカリを並べてチョッと休憩

飛び入りで紙芝居 自転車のライトや発電機、ベル等々懐かしさの塊

飛び入りで紙芝居 自転車のライトや発電機、ベル等々懐かしさの塊

田植 3日目で完了!

農薬を使わないのでこれからは除草が待っている

農薬を使わないのでこれからは除草が待っている

苗箱から抜いてみた、植え付けは機械が抜いて植え付ける

苗箱から抜いてみた、植え付けは機械が抜いて植え付ける

休憩は倉庫の軒下で

休憩は倉庫の軒下で

苗を苗床からはがすのが大仕事、今年も吉さんが一人でやった

苗を苗床からはがすのが大仕事、今年も吉さんが一人でやった

田植 2日目

苗代から苗を運ぶのに水分が少ないと軽くて運びやすいと苗代の水を落としていた
苗箱が軽いし体も汚れにくい確かに作業性はよい
けど苗が水分不足で葉っぱがチリチリにほそくなっている
田んぼの畔に並べて水をかける手間に一人付きっ切りとなった
まだ苗代に残っている苗には夕方水をたっぷりり入れておいた

晴れていると苗が乾くので散水

晴れていると苗が乾くので散水

最後の一周で苗切れ 運んでもらう

最後の一周で苗切れ 運んでもらう

田面の凹凸をなおすのにエブリを突く

田面の凹凸をなおすのにエブリを突く

植え終わった苗箱はカゴに入れて帰ったら降ろす

植え終わった苗箱はカゴに入れて帰ったら降ろす

田植 1日目

植代掻きして3日目、土が軟らかくトロトロ状態、植え付けた苗が動いて後の除草がやりにくいけど試しに植えてみる
種籾から収穫まで化学肥料も農薬も使用しないので除草が一番の作業となる

畔から苗を受取る

畔から苗を受取る

苗が少なくなると目の前のを補充

苗が少なくなると目の前のを補充

水の入ったタンクで苗箱を洗う

水の入ったタンクで苗箱を洗う

洗ったらすぐに乾かす

洗ったらすぐに乾かす

全力で動いたら即充電

全力で動いたら即充電

近所の田植えにオペレーターとして行く

田植えのオペレーターとして朝から近所の田んぼに出かける
田んぼの水が多くてマーカーで付けたしるしが見えない、風が吹いたら波立ってさっぱり進行方向が分からなくなる
到着目標となるように棒を立ててもらう、Uターンするたびにそれをやってもらう、とっても時間のかかった田植えだった。

ひろしまみなとマルシェ 久々の開催

孫と爺さんのふれあい

孫と爺さんのふれあい

よしろう農園はミルキークイーンとコシヒカリそして焼芋

よしろう農園はミルキークイーンとコシヒカリそして焼芋

石焼芋の準備

石焼芋の準備

主催者と出店者親戚の懇談

主催者と出店者親戚の懇談

面白い木工品の出店

面白い木工品の出店

恒例のフラも数グループ参加

恒例のフラも数グループ参加

おいしそうなサンドウィッチは完売で食べられず

おいしそうなサンドウィッチは完売で食べられず

ヘリの対空検査で岡山市の岡南飛行場までフライト

年に一回の対空検査で岡山市までヘリの移動、風もなく良く晴れているけど黄砂で遠くが霞んでいいる
機体と書類を渡して広島向けとなる、岡山駅で昼食、食べるところがずぅ~と向こうまで、何を食べてもおいしい私ゃあれもこれも食べたくなって迷う、店が多いのも困ります。

高梁川を越えたら倉敷市街、遠くのかすんでいる辺りが岡南飛行場

高梁川を越えたら倉敷市街、遠くのかすんでいる辺りが岡南飛行場

滑走路09のファイナル

滑走路09のファイナル

整備工場で機体の引き渡し

整備工場で機体の引き渡し

岡山駅から新幹線(さくら)で広島駅まで

岡山駅から新幹線(さくら)で広島駅まで

格納庫に到着したら直ぐにお湯を沸かしてコヒーを、ヘリのいない格納庫はなんだかさみしい

広島駅から高速バスで中国道みどりバス停まで

広島駅から高速バスで中国道みどりバス停まで

バス停に置いていた車で格納庫まで移動

バス停に置いていた車で格納庫まで移動

愛媛県西条市の友人と保育所をヘリで訪問

今年も保育園を訪問、離着陸場となる麦畑は事前に畝間を埋めて平らにしバックホーで踏み固め
周囲には数か所の吹き流しを設置、着陸地点外周にはパンジーの花まで植えられていた
10時に広島県の中央部離陸→広島空港西側→竹原→大崎上島→鳴門海峡→今治→西条市小松着陸
約55分のフライト
到着したら子供たちがそれぞれ手に吹き流しをもって出迎え!
年長の子供たちは機内に座ってもらったり写真を写したり
帰りには保育所から写真や花を友人からは沢山のアスパラを、今治からはわざわざ熱いコーヒーを、今回も大勢の人たちとの出会いができた
帰りは逆コースだったけど瀬戸内海上空にはかなり濃いモヤが立ち込めていて前方の島影が見えにくかったけど45分で帰着

この後ろをアンパンマン列車が通過予定だった

この後ろをアンパンマン列車が通過予定だった

写真も花も保育所から頂いた

写真も花も保育所から頂いた

子供はキャプテンに親はカメラマンに

子供はキャプテンに親はカメラマンに

麦畑を踏みまわしても笑っている太っ腹の友人

麦畑を踏みまわしても笑っている太っ腹の友人

又食べたい海鮮どんぶり

又食べたい海鮮どんぶり

手作りの吹き流し

愛媛県へ ②高知の碁石茶

依然聞いたことのある碁石茶、どうしても飲んでみたくなり5km以上の長さの寒風トントンネルを抜けて高知県に出る、想像していたのと同じ形
帰って飲んでみると少し酸味があるかなぁ?程度で似ているといえばウーロン茶のイマイチの感じ
だけど飽きが来ない、そんなに嫌じゃぁない、ひょっとしたら案外ずっと飲めるかも。

箱とパンフレット

箱とパンフレット

少し厚みがあるけどギュッと握ったらバラバラになりそう

少し厚みがあるけどギュッと握ったらバラバラになりそう

愛媛県へ ①予定になかった二日となった

雪で外作業にならず急遽、愛媛県西条市小松まで15万キロ超走行の軽バン、ダイハツハイゼットで行く
フライト予定の日程調整、松山空港での航空燃料購入について、そして高知の発酵茶(碁石茶)を求めるであった、後の動きは小松の知人にお任せコースとした
行く時、今治近くになって運転中メーターパネルに赤色のバッテリーマークが点灯
この点灯が予定外の宿泊となる

出発した中国道の北広島町付近は雪が舞っていた

出発した中国道の北広島町付近は雪が舞っていた

八幡浜に近づくと菜の花や河津桜が咲いていた

八幡浜に近づくと菜の花や河津桜が咲いていた

しまなみ海道を渡って今治へ

しまなみ海道を渡って今治へ

八幡浜の海鮮市場

八幡浜の海鮮市場

午後だったので鮮魚は売り切れの所もある

午後だったので鮮魚は売り切れの所もある

  
夕方、広島向けに途中まで道案内の先導をしてもらった、走っていたらスピードメータの針がパッタンと急にゼロを指示したまま動かない車は夕暮れ時の流れでそれなりのスピードで走っている「ありゃ?」と思う間もなくヘッドライトがだんだん暗くなる
ハザードを点けて左に寄せると先導車も気づいて止まる
ドコモショップの駐車場に置かせてもらい、先導車に乗り換え知人宅に引き返し泊めてもらう、翌朝は鯛の味噌汁に鯛めしをごちそうになる、昨夜置いてきたハイゼットを引き取りに行って何とか小松の整備工場に入れる、とっても穏やかな技術職人さんの対応、1時間足らずで部品調達そして交換修理まで数時間、待っている間に高知県まで行き念願の発酵茶を買うことができた

今回の旅は、予定外の連続だった車もだけど特に個性の強い方々との出会はよかった
畑で犬や猫を連れて作業する人、凄腕の整備士そんな人の付き合いのある知人もかなりの個性、似た者は集まるのかなぁ。

乗って行ったハイゼットのオルタネーターが壊れて修理に入る

乗って行ったハイゼットのオルタネーターが壊れて修理に入る

帰りの来島海峡パーキングで夕陽を観る

帰りの来島海峡パーキングで夕陽を観る

30年ぶりの岡山空港へ

岡山空港が開港した時に行って以来30年ぶり、ここも離発着便が少なくなっており時間帯によっては食事ができないことも?

岡山空港ランウェイ07(東向き)で進入すると広島空港と似た感じ

岡山空港ランウェイ07(東向き)で進入すると広島空港と似た感じ

駐機場には他の機体はなくガラリ~ン!

駐機場には他の機体はなくガラリ~ン!

二階のレストラン街は閉まっている店も

二階のレストラン街は閉まっている店も

カレーを食べてすぐに離陸

カレーを食べてすぐに離陸