年に一度の耐空検査 ヘリコプターで2.5時間のフライト

年に一度、航空局による実際のフライトテスト(耐空検査)、電波管理局の無線検査を受けるための機体整備に滋賀県の東側まで行った
晴れて視程も良く絶好のフライト日和、広島で燃料を満タンにして機体点検後試運転、機体も期待通り調子が良い
フライト経路は、ダイレクトに大津VOR(航空路電波灯台)に向かう、VORを通過したら76度で目的地へ
177マイル(約320km)を2時間30分、平均速度は74ノット(約135km/時)だった。

京都市の西側から比叡山や琵琶湖方向に飛ぶ、山裾に見えるのは【渡月橋】

京都市の西側から比叡山や琵琶湖方向に飛ぶ、山裾に見えるのは【渡月橋】

画面中央の池の所が【金閣寺】

画面中央の池の所が【金閣寺】

京都市街、左側山裾が金閣寺、遠方が比叡山方向

京都市街、左側山裾が金閣寺、遠方が比叡山方向

琵琶湖上空から安土桃山城跡方向へ

琵琶湖上空から安土桃山城跡方向へ

東近江から彦根方向へ

東近江から彦根方向へ

2時間半のフライトを終えて着陸地点へ

2時間半のフライトを終えて着陸地点へ

出発前は両方のタンクが満タン(R22の文字の下の2つの燃料計)

出発前は両方のタンクが満タン(R22の文字の下の2つの燃料計)

右タンクがほぼゼロ、左が40分の残燃料で着陸

右タンクがほぼゼロ、左が40分の残燃料で着陸

今年も 塩水選と温湯消毒の様子

塩水の比重は生卵でもかなりの精度、比重計もあるのでダブルチェック

ミルキークイーンの種籾

ミルキークイーンの種籾

ボーメ比重計と生卵で塩水の比重を見る

ボーメ比重計と生卵で塩水の比重を見る

   
乾いた種もみを永く浸けておくと水分を吸って沈んでしまうので、かき混ぜて浮かんだものを手早くすくって捨てる
塩水選後は直ぐに井戸水で籾に付いた塩分を洗い流し温湯消毒に向けてネットに分けて入れる

温湯消毒は毎年緊張気味の作業、発泡スチロールに温度計を刺して浮かべて見やすくする、ネットの中の籾温度が均一になるように手で一つずつ動かす、他の袋は足で踏んづけて沈まない様に、タイマーは10分でセット、鳴ったら即引き上げて冷水で冷やす、これで一段落。

浮かんだ籾は充実していないのですくって捨てる

浮かんだ籾は充実していないのですくって捨てる

タイマーで10分、湯音59.8℃~60.5℃の範囲でやれた

タイマーで10分、湯音59.8℃~60.5℃の範囲でやれた

きたひろ 薪フェスティバル

肌寒い雨の中、北広島町の万徳院跡地で【きたひろ 薪フェスティバル】開催
かなりの雨なので中止とばかり思っていた、朝6時、教育委員会の担当者から「開催します」とのメール着信、「準備して行きま~す」でも内心「ゲッ!」

8:30~準備して10:00開催、だんだんと参加者が増えてきた、こんなに降るのに親子連れも
初めにデモンストレーションとして、私と吉さんコンビで高さ25m位の桧を伐倒する事に、樹を伐る時の樹高の見方や退避の仕方などを伝えてから
伐り方の説明後、「これから花の咲いているアセビに向かって倒します」で、受口を倒す方向に切り開き、追いで切り込む、地響きを上げながら倒れる。写すのを忘れる。

丸太ストーブ

丸太ストーブ

山仕事で使うヤカンでお湯を沸かす

山仕事で使うヤカンでお湯を沸かす

丸太ストーブで沸かしたお湯でコーヒーを

丸太ストーブで沸かしたお湯でコーヒーを

イノシシ汁

イノシシ汁

羽釜で炊いたご飯のお焦げにイノシシ汁をかけて食べたらなんと美味い事!

きたひろ 薪フェスティバル

3月21日 木曜(祝日) 北広島町舞綱(モウツナ) 万徳院跡地で【きたひろ薪フェスティバル】開催されます

里山まなぶ会も協力メンバーなので、杉の伐倒デモンストレーション、薪割り体験、椎茸のホダ木に植菌、材木運びゲーム、丸太ストーブ等で参加。
興味のある方はどーぞ!

雲仙温泉やじきた道中 ②

銭湯で見かけていた富士山ではなかった

銭湯で見かけていた富士山ではなかった

雲仙の山はかなり降っていた

雲仙の山はかなり降っていた

ホテルの露天風呂

ホテルの露天風呂

地獄めぐり

地獄めぐり

噴気横の道では車も見えなくなる

噴気横の道では車も見えなくなる

ジャガイモ畑の写真はサイズが大きいです

ジャガイモ畑

ジャガイモ畑 1

ジャガイモ畑 2

ジャガイモ畑 2

ジャガイモ畑 3

ジャガイモ畑 3

アーチ橋 1

アーチ橋 1

アーチ橋 2

アーチ橋 2

湧き出る熱湯を冷やす?

湧き出る熱湯を冷やす?

こんな形の石像は初めて見た

こんな形の石像は初めて見た

屋久島以来の海中温泉、かなり気に入って再び掲載

屋久島以来の海中温泉、かなり気に入って再び掲載

大豆ガラで五右衛門風呂を沸かす、部屋では練炭火鉢

年末に、正月用として少しだけ豆にした、後は豆が枝についたままで風呂場の前に置いてあった

最近の寒波はかなり強力なので外作業がやりにくい、そこで、いつまで経っても食べられなかったので
軒下で豆の鞘を枝からもぎ取った、残った枝(茎の部分)はチッパーで破砕して堆肥の予定にしていた
しかし、寒さと面倒なので五右衛門風呂を沸かす時に燃やして、後の灰をジャガイモの植付など畑に使う事に

家から500m位の所にるホテルの温泉もええけど、尻の熱い様な五右衛門風呂の方が後からホンワリ気持ちがええ、夏はやらないけど寒くなると湯上りに井戸水のシャワーを掛けたくなる、今日も掛けた、これまた気持ちがええ、
部屋では、一晩中練炭火鉢に火を行けておくと朝起きた時にかなり暖かい

黒大豆の茎を焚いて沸かす

黒大豆の茎を焚いて沸かす

夕方火を付けると翌日の昼前まで燃えている

夕方火を付けると翌日の昼前まで燃えている

ケーキ食べ過ぎ!

昨夜は、家族6人のうち3人の合同誕生日、最後のケーキをおかわりで3個食べたら「もーいらん!」くらいになった

今日は、地域の総会と新年会、しゃべって食べて帰ったら、広さんの第二回目となる「くらカフェ」へ

到着したらバンド演奏の方達は帰られるところ、挨拶だけして蔵の中へ、マンデリン2杯 ケーキは小さかったので4個いただきました(よくべれるもんですねぇ)

中は写す間もなく片付が進んで・・・で、看板だけパチリ!   

国道沿いに置かれた【くらカフェ】の看板

国道沿いに置かれた【くらカフェ】の看板

英の作ったケーキ

英の作ったケーキ

幸たちが買って来てくれたケーキ

幸たちが買って来てくれたケーキ

ビニールハウスの再利用 ⑩ 完成

壊れたビニールハウスのパイプをもらって物置としての再利用
雪で潰れない、内部が蒸れない、中が見えにくい事、荷物が太陽光にさらされない事、などを考えながら作ってみた
結果として、強度は充分だけどドア―をもう少し遮光率を高くして中が見えにくくした方が良かった

正面出入口

東側の正面出入口は遮光率45%位の日除けネットで通気性を確保

南側面は日除けネット

南側面は遮光率80%位の日除けネットで通気性を

道路に面している北側は中が見えない様に黒のビニールマルチを内側に張った

道路に面している北側は中が見えない様に黒のビニールマルチを内側に張った

足場単管パイプのクランプを蝶番に

ドアの止め金具は、足場単管パイプ側を締め、ドア側は動く程度に締め付ける、土の所のクランプはドアを乗せるだけ

扉は直交クランプに乗せる

扉は直交クランプに乗せる

扉を開くとシンプルな骨組みが見える

扉を開くとシンプルな骨組みが見える

内側から見ると両サイドの違いが分かる

内側から見ると両サイドの違いが分かる

早速、コンバインやグレンタンク、田植え機などを入れてみた

早速、コンバインやグレンタンク、田植え機などを入れてみた

今日の雪とブルーベリーの紅葉

予報を聞いたら20~30㎝くらい積るのかと予想していた、起きてみたらチラって感じ。
物置き用ビニールハウスは出入口の扉を作るのが残っているけど手が冷たいのでやる気モードにならん
部屋から、枯れた稲株に雪が載った田んぼを眺めながら吊るし柿をかじる、種の周りの軟らかいところが美味い
農業新聞は広告まで読んだ、フェイスブックも画面を指でシャーっとやった、もらったサプリメントも6錠飲んだ、卵油も飲んだ
次はミカンかぁ、   さ~て次は何するかのぉ~
まぁ パソコンで・・・・

裏山の様子

裏山の様子

庭のクリスマスホーリー

庭のクリスマスホーリー

ブルーベリーは秋に紅葉した葉がまだ残っている

ブルーベリーは秋に紅葉した葉がまだ残っている

雪は思っていたよりも少なかった

雪は思っていたよりも少なかった

初めて 運転を止めた(歳のせいじゃないよ)

友人から数十年ぶりに電話、行ったら「走ってみますか?」

真っ赤なランボルギーニ ディアブロだった、運転席に滑り込んだ、足元がとても狭く感じる
靴がひっかかってアクセルとブレーキが踏めない、こんな時に限って硬い底で幅広、登山靴みたいなやつ

取りあえず前方を、計器類が目の高さまで登ってきている、助手席側を見ると計器類は無くても高くて見えん
飛行機よりも格段に見えん、ヘリなんかは足元からぐるりんと見渡せるのに・・・

あきらめて 積もる話を止めどもなく、今日も時間の過ぎるのが早い

両ドアーと後ろのエンジンルールを開いている

両ドアーと後ろのエンジンルールを開いている

性能とデザインが最優先、乗りたかったら「車に合わせろ!」の感じ

性能とデザインが最優先、乗りたかったら「車に合わせろ!」の感じ

12気筒の自然吸気だった

12気筒の自然吸気だった

AWL(40年来のジープ仲間)で忘年会

気楽な仲間たちと広島市内のTAM宅で忘年会、昼過ぎに出かけて家に帰ったのは22時半

時間も日にちも、ササ~ッと通り過ぎていく

大掃除なんていつできるのやら、年賀状は新年の爽やかな気持ちで書かせていただきます。

ほとんどの方が40年以上の付き合い

ほとんどの方が40年以上の付き合い

何時もは家で作るけど今年はお店のケーキ

何時もは家で作るけど今年はお店のケーキ

ひろしまみなとマルシェに出店

今年最後となるひろしまみなとマルシェに出店
朝は暗くて雪の中を出かける、すっかり明るくなった広島市内に雪は無く別世界

  
  
会場では恒例の【まさやん】が多彩なレパートリーで歌声を、ニンジン大好きの子供さんに人参プレゼント

  
  
フラダンスはクリスマスバージョンで会場に華やかさを「さぁ~ 出番ですよ!」

  
  
カメラ好きの4人グループ、ペンタックスSP(フィルム)を持っていた、写真を習っていた頃を思い出しシャッターを切らせてもらった
デジカメには無い機械的な衝撃音が伝わってきた なつかしさがよみがえってくる
手淹れのコーヒー店は笑顔いっぱいの人たち、フラが始まるとちょこっと店を離れてリズムにのっている
閉店時刻が近づくと見慣れたお客さんや出店者同士であちこちから『来年もよろしくお願いします』が聞こえる