ひろしまみなとマルシェに出店

朝は、ぱらぱらと落ちた雨もすぐに止んで程よい気温の薄曇り
予想以上の人出、焼き芋は、お客さんが重さをピッタリ当てたらタダでプレゼントとしたら4人の方がタダでゲットされた。
米は通常の販売で、焼き芋は‘掛け合い漫才’の感じとなった。売れたら嬉しい、その時間はこれまた面白い!

米の横には22日開催の「里山の資源活用について」のチラシ

米の横には22日開催の「里山の資源活用について」のチラシ

百均で買った布に、礼子さんが会場で描いた

百均で買った布に、礼子さんが会場で描いた

焼き芋の重さ当てで、本日4人目となったHIRAさん

焼き芋の重さ当てで、本日4人目となったHIRAさん

焼き芋の重さ当て、3人目の方の子供さん

焼き芋の重さ当て、3人目の方の子供さん

近くのテントではお餅つきも

近くのテントではお餅つきも

田んぼ周辺の紅葉

5枚の田んぼを合わせると1町2反、すべて自然農法栽培

5枚の田んぼ全て自然農法栽培  昼間でも鹿が山裾を歩いている 狩猟期になったけど銃を持っている時には出てこない

里山まなぶ会 2016 里山体験ツアーのお知らせ!

11月22日 『第2回「里山の資源活用について」 実践』を開催します。

昨年は落葉を集めて準備し、今回は出来上がった落葉堆肥の利用などについてです。

dsc_0035

収穫祭 焚火コーナーも ④で終り

寒かったので、焚火が良かった、芋煮もコンニャク作りもみんな焚火でやった
里山整備で出来た木を、身近に利用する事を目的
ゆれる炎を眺めているとなんだか落ち着く

焚火コーナー

焚火コーナー

dsc_0038

dsc_0044

dsc_0028

dsc_0077

dsc_0067

dsc_0072

dsc_0042

dsc_0056

dsc_0029

dsc_0028

dsc_0055

dsc_0037

dsc_0070

dsc_0031

収穫祭 バンド演奏 チェンソー講習 薪割り体験 他 ③

里山演奏でおなじみ スイングワゴンのメンバー

里山演奏でおなじみ スイングワゴンのメンバー

標高300m、集落に突き出した小さな丘状の里山

冷たい風が吹いていた、そんな中での演奏はかなり寒かったと思う

演奏を聴く人

演奏を聴く人

だんだんと調子も上がる

だんだんと調子も上がる

始まりの挨拶、進行は吉さん

始まりの挨拶、進行は吉さん

副代表の松さんが終わりの挨拶

副代表の松さんが終わりの挨拶

アルゼンチンからも家族で参加

アルゼンチンからも家族で参加

孫達も岩国から参加

孫達も岩国から参加

①チェンソー講習

①チェンソー体験講習

②チェンソー講習

②チェンソー体験講習

dsc_0043

dsc_0041

dsc_0107

dsc_0088

dsc_0094

dsc_0102

収穫祭 色々ありました ②

近所で頂いた、コンニャク芋を使って、松さんがコンニャク作りの実演

①コンニャク芋

① コンニャク芋

②茹でたコンニャク芋の皮むき

②茹でたコンニャク芋の皮むき

③皮を剥いたらすり

③ 皮を剥いたらすり

④練る、粘りを出す

④練る、粘りを出す

⑤練って固くなったら、切って鍋へ入れる

⑤練って固くなったら、切って鍋へ入れる

⑥茹で上がったらできあがり

⑥茹で上がったらできあがり

①ラーメンのメンバーとピザの方

①ラーメンのメンバーとピザの方

②忙しそうでした

②忙しそうでした

③一口目は爽やかで後から旨みがグッとくる

③一口目は爽やかで後から旨みがグッとくる

  
今回は、いろいろなものを食べていただければと思い、一品の量を少なく盛り付けてみました。
90人分の芋煮は二つの鍋で作った

90人分の芋煮は二つの鍋で作った

①手際よくトッピング

①手際よくトッピング

③それぞれ好みでトッピング

②それぞれ好みでトッピング

②焼け具合をよく見る

③焼け具合をよく見る

④ふんわり膨らんで香ばしいかおりが

④ふんわり膨らんで香ばしいかおりが

杉さんは淡々といつもの様に珈琲を

杉さんは淡々といつもの様に珈琲を

デザートケーキ入刀!

デザートケーキ入刀!

ひろしまみなとマルシェに出店のキャンピングカーリー

ひろしまみなとマルシェに出店のキャンピングカーリー

入口で受付

入口で受付

何ができるのかなぁ

何ができるのかなぁ

漬物

漬物

ミルキークイーンのおにぎり

ミルキークイーンのおにぎり

①持ち寄った新鮮野菜の即売

①持ち寄った新鮮野菜の即売

②持ち寄った新鮮野菜の即売

②持ち寄った新鮮野菜の即売

収穫祭 予想以上の大盛況①

50人分のチラシを作った、風が吹いてとても寒い日だったけど、名簿では89人の参加者だった

「お客さんも、接待する人もいない、自分で作る(創る)祭り」をテーマで進めました。

写真が多いので数回に分けて掲載予定です、今回は、1回目です。

撮影まで居た人たち 参加者名簿では89人だった

撮影まで居た人たち 参加者名簿では89人だった

吉さんの息子さんが作ってくれた案内板

吉さんの息子さんが作ってくれた案内板

収穫祭では初めてのラーメン、行列が出来ていた。

収穫祭では初めてのラーメン、行列が出来ていた。

スイングワゴンの広さんが演奏グループの窓口

スイングワゴンの広さんが演奏グループの窓口

ピザを作っていた人、時々作る人、見る人

ピザを作っていた人、時々作る人、見る人

息ピッタリの 作る人、焼く人

息ピッタリの 作る人、焼く人

よしろう農園のキャラクターが小物入れに!

先日、TAKEさんが遊びに来た時に頂いた奥さんの手作り作品
よしろう農園の米袋に貼ってある、玲子さんが描いたキャラクターを観て作られたそうでなかなか忠実に再現されています。
今月の第三日曜日(16日)開催の、ひろしまみなとマルシェに展示しますので観てください。
あげません! 売りません! 持ち帰ります! 見せびらかすだけよ! (すまんのぉ~)

トートバッグ

トートバッグ

観賞用コメ袋

観賞用コメ袋

この米袋を観て作られた

この米袋を観て作られた

長野県松本市、岩国市、廿日市市、広島市からの来訪、山でピザ焼き

英絵の誕生日前夜は、7人で4.5合の米を入れたパエリアは食べ切れなかった、チョコレートケーキもバナナケーキも半分くらい余った
水害のひどかった北海道からは貴重なジャガイモと玉ねぎが届いたのでポテトサラダやスープに使わせてもらった

大きなフライパンに4.5合の米を入れてパエリア

大きなフライパンに4.5合の米を入れてパエリア

チョコレートケーキとバナナケーキ

チョコレートケーキとバナナケーキ

ピザの〆はマシュマロとチョコレートのトッピング、甘すぎた!

ピザの〆はマシュマロとチョコレートのトッピング、甘すぎた!

    
数十年前、小型機の操縦訓練をしているころ瀬戸内海上空で、スピン(真下に回転しながら落ちていく)や、クイックスピン(水平に飛んでいるまま2秒で回転する)などを一緒にやっていた仲間が訪ねてくれた
管制塔から見えにくい宮島の向こう側、あまり飛ぶと岩国基地の管制圏に入る、そんなところでアクロバットの真似事や2機で交互に追っかけ合い
色々な事を思い出した、気温30度、湿度べっちゃりの10月らしくない日です

こんだけ食べても草刈りでカロリー消費バッチリ(と思う)

旧友が久しぶりの来訪

旧友が久しぶりの来訪

山の上で石窯ピザを焼く

山の上で石窯ピザを焼く

近所の 収穫前のコシヒカリと収穫の終わった飼料稲の差

この田んぼは、家の前だけど、別々の方が栽培されています。
飼料稲は、牛などの家畜に食べさせる、ワラを多く採る品種
刈取りの数日後、刈取った稲株から緑濃い二番芽が芽吹いてきた
これだけ元気な芽が出るにはかなりの肥料分が田んぼに入っているのかな?
牛が食べるのだから、ワラを多く採るために窒素分を沢山含んだ化学肥料がタップリ撒かれているのかなぁ
最終的には肉となって人間の身体に・・・・

左はコシヒカリ 右隣は収穫の終わった飼料稲

左はコシヒカリ 右隣は収穫の終わった飼料稲

刈取った後に出た 濃い緑の二番芽

刈取った後に出た 濃い緑の二番芽

籾摺りから各種 選別 計量 袋詰完了! 

籾摺りから仕上がりまでの機械

籾摺りから仕上がりまでの機械

籾タンクから機械の左上に流し込みます

籾タンクから機械の左上に流し込みます

丸い所で 籾殻と玄米に分離

丸い所で 籾殻と玄米に分離

ここで、籾殻が付いたのは再摺り、玄米は次の選別機へ

ここで、籾殻が付いたのは再摺り、玄米は次の選別機へ

左の選別機で草の種や小米を取り除く、右側で石等の比重の大きい物を除去

左の選別機で草の種や小米を取り除く、右側で石等の比重の大きい物を除去

色彩選別機で分離された左側の出荷用と右側のくず米

色彩選別機で分離された左側の出荷用と右側のくず米

色彩選別機

色彩選別機

再び、選別機で、作業工程中に割れた小米などを除去して計量袋詰め

再び、選別計量機で、作業工程中に割れた小米などを除去して計量袋詰め

冷蔵庫の入口へ虫除けにミントをぶら下げてみました

冷蔵庫の入口へ虫除けにミントをぶら下げてみました

紫蘇、ニラ、秋桜の花

収穫の終わった田んぼの様子

収穫の終わった田んぼの様子

シソの花を天ぷらで食べるのが好きです

シソの花を天ぷらで食べるのが好きです

ニラの花

ニラの花

軒下の秋桜

軒下の秋桜