草花

畑や庭などいたる所に生えているので歩くところは何時も踏んでいます

野菜だと思うけど毎年勝手に生えるので名前を忘れました

 

ジャガイモ(男爵)の植付けと育苗トンネル

 北海道夕張の友人から久々のメールで「畑は一面の雪です」と連絡、地域(緯度)の違いをつくづく感じます

こちらでは歳を越した白菜やチンゲン菜などが花盛り、ビニールトンネル画面右下に写っている大根にも蕾が膨らんでいます、種が落ちて軒下や庭に勝手に生えて4年目の根性です

昨年の秋に少し種を採取して畑に40粒蒔いたらほとんど発芽はしたけど一番大きい物で写真の根性大根の半分くらいの大きさでした

今年もこの種を採取して植えてみる予定です

植物は大したものですね私はかなり大切に心優しくしてもらわないと直にメゲテしまいます

一昨年の秋ジャガの後そのままにしていた畝に再び堆肥、米ぬか、菜種油粕、を入れて男爵を植付けしましたかなり気を入れて直線状に植えたつもりが結果はグニャグニャでしたやはり性格が出ますかねぇ

家の前の草むら(一応庭としています)に育苗トレーを置く保温トンネルを作りました気温の高い日中にはビニールを開けても虫たちが侵入しないようにしてあります

稲作スタート (浸種)

種籾の温湯消毒をするのに五右衛門風呂で60度で10分間入れます

60度で温湯消毒の後に井戸水に10日~2週間浸けておきます種籾もサウナに入った感じ、水に入れたとたん雪が降り出しました

 

作業の途中休憩で部屋から見た雪降りの様子

稲作スタート (塩水選)

塩分の入っていない井戸水に生卵を入れると沈んでしまいます

塩を入れて塩分濃度を濃くし比重1.13~1.14に調整し浮かんだのは捨てて沈んだ物を回収して水洗い後、60℃のお湯に10分間浸して温湯消毒します。

野菜の種まき と 草花

きんたろう(まくわうり)以外はほとんど10粒しか入っていません貴重です

ムスカリが庭の草の中(草むらが庭)から少し南向きに傾いて咲いています

近くで拾った椿の種が出た殻、左が種の有った内側で右がザラザラしているほうが内側

 

道の駅で買った花

 

[…]

稲の苗土作り (混合)

左が山土(花崗岩が風化したもの)、右がモミガラくん炭、中央の白い小箱が有機肥料。

山土、くん炭、有機肥料を、発電機でミキサーを回し混合したら出来上がり。

車庫に出入りする時に車の屋根をこする‘馬酔木の花’を、雨を避けて車内から写す。

今日は野菜の出荷日だけど雨が降るので合羽を着て収穫します、体は乾いているけど気持ちが・・・・

稲の苗土作り(山土採取)

先日の雪景色から6日でこの様になりました

山の土を掘ってフルイで下ろします

3月16日の様子

雨前の晴天なので苗土作りが気になりどーもブログに力が入りません

自然農法米つくり交流会パンフレットが出来ました

今までにもいろいろな交流会をやっていたけど今年は稲で苗土作りから田植え、除草、収穫、試食までやることになり、MOAの山本さんを始め道の駅や地域の方々の温かい応援協力があっていよいよスタートです

家では昨夜遅くまで奥さんが挿絵をかいてくれました、そのせいか今朝は腰が痛いと言っていたような・・・

ニンニク、玉ねぎ、ニラ、えんどう

春とともにニンニクもどんどんと育っています

昨年秋の初めごろに小さくて食べなかった五百円玉くらいのタマネギ玉を定植したらこんなになりました

ニラも軟らかい芽が美味しそうです

エンドウにも支柱を建てなくては

[…]

白菜に花が咲き、ゴボウも順調に

白菜に花が咲き、ゴボウも順調に

このゴボウ達は種が落ちては生え、落ちては生えを繰り返して3年目

 

この大根もこの辺りで種を落として生えて3年目

葉大根の収穫、ほとんどの野菜は出荷直前に収穫します 

[…]

帰りは湯ッたりと

帰りは蓼科にある知り合いのペンションで一泊美味しい食事(豚しゃぶ)で超満足

ベランダの下はカラマツ林

ペンションの近所にある露天風呂(小斉の湯)

みはらしの湯から出て蕎麦でも食べに

懐かしい方との出会いがありなんとまぁ楽しいひと時でした

とても気さくなペンションのオーナー私たちが無口なので色々と話を聞かせていただきました

[…]

古いジープをボロの4t車で運ぶ

この状態で800km近くの道のりを運びます

 

無事到着 これよりかかり難いエンジンをスタートして降ろします

こんな八ヶ岳を見ると登りたくなります初めて見ました

中央道の駒ヶ根で一服

ドライバーも慣れない4t車で慎重に

初めて見ました上空に浮かんでいる富士山

[…]

1 / 212