荒起し完了! 苗代の様子

荒起しが終わったので ついでに手前の畑も耕した

荒起しが終わったので ついでに手前の畑も耕した

発芽したので不織布を取り除いた

発芽したので不織布を取り除いた

荒起しを始める

以前は、連休前には山登りの予定を立てたり、「とにかく何処かへ出かける」だったけど百姓始めてからは「行きたい」があまり出てこなくなった
そんなに、百姓が面白くてかなわん と、言うほどでもない、ひょっとしたら元気の無いタダのじいさんになったのかなぁ~

今日も、これから田んぼに行って苗代を見てから、荒起し最終日
明日は、友人とフライトなのでブログなんかやってる場合じゃ・・・・

近所では田植が始まった、うちは荒起しがこれからです

近所では田植が始まった、うちは荒起しがこれからです

自然農法で【みのる式】の苗代完成

朝8時過ぎから苗箱を並べ始めて昼過ぎには全て置いた
苗箱の上に不織布を直接掛けて、ビニールトンネルで覆って完成
終わってみれば20:40、良く働いたなぁ~!

①苗箱は1枚ずつ手で並べます

①苗箱は1枚ずつ手で並べます

②並べ終えて見ると、水面と苗箱の高さが全体で揃っている

②並べ終えて見ると、水面と苗箱の高さが全体で揃っている

③ビニールトンネルの支柱をたてる

③ビニールトンネルの支柱をたてる

④左側は苗箱の上に不織布を敷いてある、右はそれをビニールトンネルで覆った様子

④左側は苗箱の上に不織布を敷いてある、右はそれをビニールトンネルで覆った様子

⑤ビニールが風で飛ばされない様にロープで止めて出来上がり

⑤ビニールが風で飛ばされない様にロープで止めて出来上がり

苗箱を積み重ねた時に少しでもずれているとネズミが隙間から入って種もみをほじくって食べる

苗箱を積み重ねた時に少しでもずれているとネズミが隙間から入って種もみをほじくって食べる

今年は畑に苗代を作る 苗床作り

③畝が平らになったらこの根切りネットを拡げて置きます

③畝が平らになったらこの根切りネットを拡げて置きます

①水面を見ながら畝の高さを均一にします

①水面を見ながら畝の高さを均一にします

どの畝も同じ高さで水平、ここまでにするのが難しい

②どの畝も同じ高さで水平、ここまでにするのが難しい

畝の上に根切りネットを敷き、苗代を鹿除けネットで囲む

④畝の上に根切りネットを敷き、苗代を鹿除けネットで囲む、この上に、苗箱を並べてトンネルを掛けると完成。

みのる式 種蒔き 450枚完了!

自然農法を初めて14回目の種まき、里山まなぶ会の強力メンバーが今年も応援に
苗土を前日に混合したので、土が醗酵する間がなくサラサラで作業しやすかった

順調に種まきが進んでいます

順調に種まきが進んでいます

なんだかんだ言いながら順調に

なんだかんだ言いながら順調に

手前が苗箱、赤い箱の手前が床土、中が種籾、奥が覆土用

手前が苗箱、赤い箱の手前が床土、中が種籾、奥が覆土用

完了して機械も分解掃除中

完了して機械も分解掃除中

自然農法での 苗土作り ②

マサ土40ℓ:もみ殻クンタン20ℓ:発酵肥料1㎏ を1度に混合する

マサ土40ℓ:もみ殻クンタン20ℓ:発酵肥料1㎏ を1度に混合する

攪拌機で混合中

攪拌機で混合中

混合して出来上がった苗土

混合して出来上がった苗土

気付いたら日が暮れていた

気付いたら日が暮れていた

つつじ祭り

今年も、つつじ祭りを 4月23日(日曜日)に裏山で開催する事に!

画面の右端あたりが会場

画面の右端あたりが会場

この あずま屋を中心につつじ祭り

この あずま屋を中心につつじ祭り

18日の様子

18日の様子

長期間の浸種 今日の様子

3月23日に塩水選と温湯消毒してからバスタブに入れっぱなし、でも、水は毎日夕方に交換しています
ビニールで屋根を作っておくと雨の日も作業がらくです、浸種が終わったらビニールを外してネットにゴーヤなどを這わせます
バスタブは廃材をもらったもの、スチロールや布は昼夜掛けておきます
以前は、浸種が10日以上長くなる時には冷蔵庫に入れていたけど、今年は播種までこの状態でやってみます
崩壊土砂の除去は終っているけど、苗土作りが遅れているので もうひと踏ん張りしょうとやっていたら風邪で1日半寝込み、 やれやれ!

浸種 全体の様子

浸種 全体の様子

向こう側の縁に温度計を立てている

向こう側の縁に温度計を立てている

発泡スチロールを切って蓋にしてその上から布を掛ける

発泡スチロールを切って蓋にしてその上から布を掛ける

自然農法での苗土作り ①

今年は、諸事情で遅れに遅れやっと苗土作りが始まった
まずは、山の土を砕いて5㎜のフルイに通す
これからは、土とクン炭などを混合して苗土の完成を目ざす、順に掲載予定。

土を砕いてフルイにかけます

土を砕いてフルイにかけます

クン炭が濡れていたので乾かしています

クン炭が濡れていたので乾かしています

裏山のツツジが16日ごろから咲き始めた

裏山のツツジが16日ごろから咲き始めた

ニンニクの様子(マルチありと無し)畑の排水1

ニンニク畑の排水性がよくないので、雨の後は畝間の水が残りやすい
ビニールマルチがけとマルチ無しは、どちらも同じ時期に植え付けたけどマルチの方が生育が早い様子
この時期に、草取りをすると楽だけど春遅くなると、草が繁茂してかなり手間がかかる

ビニールマルチがけの方が全体に大きく育っている

ビニールマルチがけの方が全体に大きく育っている

草刈り前

草刈り前

草刈り後

草刈り後

鹿やイノシシの防止柵に沿って10数年間使われていなかった水路がある、水路の斜面下には畑の排水溝が掘ってあるけどうまく流れていないで水溜まり状態
水路と排水溝そして草刈りを同時に進めているけどなかなか捗らない ⇔(一気にやると腰が痛くなるので休みながらやる、水分補給で定期的に飲む、飲んだら汗で出す、下からも出す、途中で電話も・・・)

浸種の様子

浸種は風呂桶がとっても良い
使わなくなった浴槽をもらって使っているけど
外側には発泡ウレタンの断熱材が吹き付けてあり、この時期の気温変化の激しい時には重宝している

蓋は発泡スチロールの5㎝厚さの物を置いている

品種別に種籾を入れる袋の色を変えている

JOLA(ジャパン アウトドア リーダーズ アワード)第一回 大賞 特別賞受賞祝賀会

里山の植生(生物多様性)などについて裏山での話し、【エコ・カフェ】での関わりなどお世話になっている
北広島町芸北高原の自然館 主任学芸員 白川勝信さんが、JOLA第一回 大賞受賞されその祝賀会が北ホテルで開催された
自分が受賞したわけでもないのになんだか嬉しかった。

冊子の表紙

冊子の表紙

大賞受賞の白川さんの活動ページ

大賞受賞の白川さんの活動ページ

白川さんの活動報告

白川さんの活動報告

大賞の白川さんと特別賞の河野さんによる【ダブル受賞祝賀会】

大賞の白川さんと特別賞の河野さんによる【ダブル受賞祝賀会】

各テーブルでも盛り上がって

各テーブルでも盛り上がって

ヨシコさんから似顔絵をプレゼントされ

ヨシコさんから似顔絵をプレゼントされ

花束の贈呈

花束の贈呈