太陽の動きで畝の方向を決める

東西方向の畝にエンドウを植えたらツルはみんな南側に(5月15日の様子)

横着して前作の畝をそのまま使ってスナップエンドウや絹さやえんどうを植え

たら生長するにしたがってツルはネットを外れてどんどんと南に伸びた、その結

果地面に付いたり他のネットに行ったりでとても収穫がやり難かった、

排水効率を考えると現状が良いけど仕方なく南北方向に変更(まだ野菜が植え

てあるところも収穫が終わり次第南北方向に統一予定)、

何だかんだで手間取っているうちに寒さも本格的になり来年収穫予定のエンド

ウ類は植付を諦めた、何をやっても遅れ後れになってしまう、そんなに遊び歩い

とる訳じゃないがどーしたんじゃろ、食事や睡眠トイレは毎日その日の分はちゃ

んとできるんじゃけどのおー・・・・

エンドウが終わった東西方向の畝、遠方は南北方向の畝

エンドウの畝を南北に作り変える

ニンニクの植付が24日間遅いときの成長の違い

11月27日 植付  モミガラ薫炭無し あまりにも芽が小さいので冬の凍結が気になります

この地方の植付時期より約2ケ月遅い植付、他の作業でずれこんでしまった出来れば10月中旬までには終わりたい、 葉っぱの長いほうはモミガラ薫炭を撒いたので地温が少し高い、芽が出たばかりのほうは植付が遅かったのと薫炭のマルチが無いのでかなり遅れている、6月の収穫時期まで時々レポートします(多分)。

11月3日 植付  表面にモミガラ薫炭を撒く

ガスで石焼芋→うまい!→食いすぎ!→胸焼け!

今年初の石焼芋をします、釜は二重になっていて焼けた石ころの上に芋を置いて蓋も二重にします

焼きあがった熱いのを「アフゥ アフゥ」しながら味見、ねっとりして甘くてホント美味い!

お土産の完熟デカマンゴー

種類のちがうさつま芋を焼いて食べ比べ

香ばしくてねっとり軟らかく甘いつい食べ過ぎた

なんだか胸焼けかな?

晩御飯は欲しくない

こりゃぁ ‘パンシロン’ でも飲んだ方がええのかな?

マンゴーにもいろいろ種類があるらしいけどこれはデカイ!

以前、チノ(ロスアンゼルスの東の田舎町)で食べていたのは

一回り小さくて50¢(60円くらい)/個だったような記憶

美味しさと懐かしさを堪能(食いすぎになるほどはいただかなかった

おかげで胃薬の心配は無用だった)

[…]

さつま芋をネズミがかじる

定植したらその翌日くらいから鹿が食べたり引き抜いたり、やっと葉が茂ってきたら再び鹿が、電気柵で何とか対応し楽しみにしていた秋の収穫、振り上げる鍬にも力が入る、が しかし芋はネズミにかじられガックリ、鍬の重たい事おまけに腰まで痛くなってきた あ~ぁ!

草の育ちが早く芋づるが埋まっていたので草刈り

6/5に植えつけて一週間目、毎朝散水

いよいよさつま芋掘り、左手前はSDKさんが植えた‘鳴門金時’

畝の中央に向かったいくほどネズミの食害がひどく全く芋の無いところもある

[…]

かんたん種まき・エンドウと葉大根

絹さやエンドウとスナップエンドウの種まき

エンドウが発芽してから少しでも寒さを防ぐために風除けとして

周りの草を残し凹んだところに種まき、モミガラくん炭で暖かくする、

今年のキュウリのツルが巻き付いていたネットをそのまま使う、

ヨースルニ草が生え放題のキュウリの跡地に手で穴を開け

種を落とし指先で土をかけモミガラ薫炭をばらまいておしまい。

(成長の記録を時々掲載予定)

右は種を蒔いた直後、中は種の上に土を乗せた、左はその上をモミガラ薫炭で覆ったところ

葉大根の種まき完了、草がビッシリ生えた畝に鍬で三本の溝を切り種を蒔き土と薫炭をかける

2 / 212