珍しいね!

hi390008

 

今朝、トラクターに乗っていて出会いました、携帯のカメラで写そうとかなりやってみました、なんせチョロチョロと良く動き回るもんで・・・

無農薬だと色々な生き物に出会うことがありますhi390009

この位の長さのが多いです、このジョレン(鍬のような物)の柄より長いね

財布に入れておくとお金が良く貯まるとか・・・

入水!

dsc_000110

いよいよ田んぼに水を入れます

荒代かき→植代かき→田植の順に進めます

さつま芋の定植

dsc_00045

さつま芋(鳴門金時と紅あずま)200本定植と、書いてしまえばそれだけよ でも畝作りにだんだんノメリこんでしまい高さは50cmにもなり長さも40m×2本作ってしまった、こんなに植える予定は無かったのに・・・・苗が足りなくなり急遽買いに、株元に水をやったけどこれまた一苦労、畑の下の水路からバケツに16杯、足も腕も疲れ終わりごろにはだんだん散水量もすくなく・・・、もぉ~芋は食わんでもええよ!

苗にも栄養を!

dsc_000193回目の追肥(醗酵させた液肥)の撒布

黄色のタンクで醗酵液を作り時々撒布

今日は80mのさつま芋の畝作り、これもやはり自然農法栽培です

草花

dsc_0010dsc_00062

 

雨上がりのドクダミ草、花びら(?)の一部がなぜ緑色に?

匂いがドーモ苦手な人も居るらしいけど、どちらかといえば好みの部類かな

この時期になると‘ネギ坊主’になります

遅い田植!

dsc_00018

家の前の田んぼ(よその人が植えている)

一般の田植は五月連休に、

遅いこの田んぼはこの時期に

そしてうちのは6月10日過ぎ

部屋から観た景色、庭(雑草に見えるけどうちでは庭と言っている)のクローバーの花

種まきから15日目

dsc_00044

 

 三枚目の葉が出始め

dsc_00051

気温が高い日にはビニールトンネルを

めくり上げて蒸れないようにします

何時も出会います

dsc_00081

 

苗代に行くとミドリ色の小さいのとチョット大き目の縞模様の二種類が数十匹住んでいますdsc_00071

新居は体長とおなじ? しかし部屋数は!

近づくと威嚇してきます
dsc_00061dsc_0008img_00021

マユミは花も実も面白い

雪化粧しているのは昨年の秋に撮影

まだこんな様子

dsc_00022

近所の田んぼは田植が終わって二週間くらいだけど、ウチは三回目(普通は一回)の荒起し

写真画面右上方向に苗が育っているビニールトンネルが見えています、温度や水の管理に一日何回も行きます、急に温度が下がれば夜(先日は21:30過ぎ)でもヘッドライトを点けて保温します

この場所がとても気に入って写真ポイントや休憩場所です、遠くに見える二こぶの山の右側の沈む夕日は格別!

家の前にも水が!

dsc_0013

家の前の田んぼだけどよその人が作っています

代かき が終わって田植までの期間、田んぼは

まるで水鏡のようで山や建物、時には飛んでいるカラスやツバメも写ります

何時もこの景色を見ながら食事やデザート    極楽極楽!!

飲み会? ちがうちがう!

月例の自然農法勉強会、テーブルの上の酒類は害虫防除剤を作る材料で 一口も飲んでいません ホント!

dsc_0020dsc_0017

種まきから10日目のとても元気な苗