コシヒカリの収穫

雨の合間の稲刈がスタート、台風、雨、朝露などで稲が濡れていることが多い、稲が濡れているとコンバインで刈取る時にモミとワラクズの選別が悪くなる
晴れて風が吹くと一気に乾く、しかし今日は雨前の無風状態
里山整備のメンバーで松さん、吉さんの応援、お昼は倉庫でコンビニ弁当食べて喋ってええ時間を過ごせた

露が落ちたので10時から刈り始める

露が落ちたので10時から刈り始める

順調に刈り進んでいる

順調に刈り進んでいる

米ヌカにくず米を混ぜてボカシ肥料作り

精米で出る米ぬかを貯めていたのと クズ米 水 元菌を混ぜて発酵させ、無農薬材料だけでボカシ肥料を作る
元菌も自分で作った物だけど、匂いを嗅いでみたら美味しそうなのとアルコール発酵もしていたのか酔っぱらいそうな香りになっていた
完成したら、先日、ハンマーナイフモアで切り砕いた茅や草に混ぜて茅堆肥を作ってみたい

パレットでボカシの発酵枠を作る

パレットでボカシの発酵枠を作る

攪拌機で材料を混合する

攪拌機で材料を混合する

温度計を差して発酵温度の調整

温度計を差して発酵温度の調整

ニンジンの種まき方法を別々に

右の白く見える畝は、20mの畝に2条 株間15㎝で3種類の種を蒔く、覆土してその上に切ワラをパラパラとかけて最後に不織布で覆ってみた
左畝は1種類の種だけを播種、切ワラの代わりにもみ殻(水分を含む様になった物)をばら撒いて最後に不織布で覆った

雨を気にしながらの稲刈手伝い

松さん宅の稲刈、稲に残っていた昨夜の雨をブロアーや動力散布機で吹き飛ばして乾かす
一気に刈ったら昼前には雨にもあわず完了

雨雲を気にしながらの稲刈

雨雲を気にしながらの稲刈(山の向こうは降っている)

どーって事ないですが花と種 他

ユリの種類によって種の出来方が違うので不思議な感じです、ひょっとしてユリに似ているけど他の植物?と思ったりしています

5/23のササユリ

5/23のササユリ

7/13畑のユリ

7/13畑のユリ

8/27ササユリの種

8/27ササユリの種

8/27畑のユリ、種から根が出ている

8/27畑のユリ、種から根が出ている

鹿や猪などの検知システムのテスト

百姓にとって害獣となる鹿 猪 猿 狸などを、昼夜問わず識別記録できるカメラなどを、広島大学から先生と生徒が来られて現地テスト(その他にも何かできそう)
台風20号が徳島に近づいている、ここも夜間は雨の予報、で、倉庫の軒下に仮設置
昼間の準備中は笑顔で進めているけれど夜も早朝も機材のチェックに来られる、研究開発も楽ではやれんなぁ~!

これから準備

これから準備

忙しくセットしていてもカメラを向けるとニッコリ(邪魔してゴメンね)

忙しくセットしていてもカメラを向けるとニッコリ(邪魔してゴメンね)

畑周辺の花など

年々 花数が増えてくる

年々 花数が増えてくる

花はかわいらしいけど畑を占領するミント

花はかわいらしいけど畑を占領するミント

ヒヨドリ除けネットを掛けたら自分も入りにくい

ヒヨドリ除けネットを掛けたら自分も入りにくい

オクラの花

オクラの花

できたゴーヤは真っ白で小さい種類だった

できたゴーヤは真っ白で小さい種類だった

熟したゴーヤ 種を包んでいる赤いゼリー状の所はかなり甘い

熟したゴーヤ 種を包んでいる赤いゼリー状の所はかなり甘い

ひろしまみなとマルシェに出店

今回は、自然農法栽培の特設会場があり、野菜の品評会などもあった
自然農法栽培の大先輩と久々の出会いで記念写真、自然農法を指導していただいた先生やお世話になった方が大勢みえた
出店者も来店者もそんなに多くはなかった、暑い中、「まさやん」の歌声を聴きながらのんびりと昼寝

メイン商品の米

メイン商品の米

米だけじゃぁ物足りんのでジャガイモも

米だけじゃぁ物足りんのでジャガイモも

稲穂の色付きと鹿の食害

今年は稲の色付きが早い

畑の柵からカボチャのツルが出たら鹿が食べにくる

箱罠に入った猪と24年前のシャツを着たイノシシ歳

小さなイノシシが家の近くの箱罠に入ったので役場の担当者立会いの下に処理
イノシシとは全く関係ないけど、24年前のシャツ、漫画が面白かったので着てみた

たまには 休み!

お盆は家でじ~っとしていようと思っていたらSUMIさんが「飛んでどこか行きましょう!」
とりあえず格納庫で待ち合わせ、地図を見ながらあーだこーだ言いながら決まったのは
高宮場外離着陸場を離陸⇒広島空港で食事⇒広島へリポート(広島西飛行場)でコーヒー⇒高宮場外離着陸場

途中ではウルトラライト専用の豊栄飛行場が見えた

途中ではウルトラライト専用の豊栄飛行場が見えた

広島空港の滑走路が見え始めた

山の上に広島空港の滑走路が見え始めた

タワーより「ランウェイ 10 ダイレクト レフトベース」の指示

タワーより「ランウェイ 10 ダイレクト レフトベース」の指示

ファイナルターン

ファイナルターン

最終進入中

最終進入中

滑走路上を低高度のままタクシーウエイ3まで移動

滑走路上を低高度のままタクシーウエイ3まで移動

管制塔正面の駐機スポットNo1に着陸

管制塔正面の駐機スポットNo1に着陸

    
    
   
広島空港から広島大学上空を通過して広島駅経由で広島へリポートへ

この地では45年前、小型機の操縦訓練を受けていた、そのころは【広島空港】だった、
三原市本郷町に移転してからは【広島西飛行場】となりその後現在の【広島ヘリポート】となった
とても懐かしい場所だけど、飲み物も食事もできない、外来機締め出し状態となった

広島駅近くの【マツダZOOM ZOOMスタジアム】

広島駅近くの【マツダZOOM ZOOMスタジアム】

以前の滑走路は使われていないので × 印が描いてある

以前の滑走路は使われていないので × 印が描いてある

芝生の上を通過してHマークを目指す

芝生の上を通過してHマークを目指す

飛行機は全く飛ばなくなり広島ヘリポートとなった

今では 飛行機は全く飛ばなくなり広島ヘリポートとなった

お盆の墓参り三ヶ所

以前、住んでいた広島市西区と岩国のほぼ中間地点で駅に近い事から宮島の対岸にある『宮島墓苑』に
墓石は置かないで全体を土で高く盛り上げお饅頭型にして芝を張って手前に自然石のお供え台だけを置きたかった
気持ちを墓苑側に伝えると「墓地と墓石がセットです!」で、いろいろと絵を描いてみてこの形に

こんな景色がぐるり~っと見渡せる

こんな景色がぐるり~っと見渡せる

義父の好きだった【和】を入れてこの形にしました

義父の好きだった【和】を入れてこの形にしました

     
お世話になっていた叔父と叔母の墓は、広島市西区の己斐峠にあるとても景色の良い国泰寺に

正面には黄金山が見える

正面には黄金山が見える

     

庄原に行く途中の様子

実家の庄原へは中国道で(高宮付近?)

実家の庄原へは中国道で(高宮付近?)

25歳の時に兄と立ち上げた会社の看板も鳥居(日本)をイメージしてシンプルに作ってみた

25歳の時に兄と立ち上げた会社の看板も鳥居(日本)をイメージしてシンプルに作ってみた

      
実家に近づくにしたがって子供の頃、トンビやカラスの雛を飼ったのが飛ぶようになってもなついていたり
日が暮れて竿の先のウキが見えなくなるまで小魚を釣ったり・・・・  走馬灯のように思い出がよみがえってくる

買い替える度に’お祓い‘という事にしてジープで石段を登り鳥居をくぐっていた

買い替える度に’お祓い‘という事にしてジープで石段を登り鳥居をくぐっていた

やっと実家に帰省!

やっと実家に帰省!

この看板も紙に描いて看板屋さんに頼んだもの

この看板も紙に描いて看板屋さんに頼んだもの

実家では皆でお参り

実家では皆でお参り

墓前でしゃがんでみたけど、連日の猛暑でご先祖様に報告する事を忘れた

墓前でしゃがんでみたけど、連日の猛暑でご先祖様に報告する事を忘れた

夕方には帰るつもりが すっかり御馳走になった

夕方には帰るつもりが すっかり御馳走になった

爺さん(兄)は孫に囲まれての食事

爺さん(兄)は孫に囲まれての食事

お腹も一杯になって記念写真

お腹も一杯になって記念写真

夕暮れ時、虹がかかった実家をあとにして千代田に帰る