雪女が来訪、帰った後 玄関が濡れていた

「顔だけ見に来た!」と、朝、突然の来訪
やっと裏山の雪が融けたら、昨夜からの雪、
靴に着いた雪が融けて玄関にぽちっと水が、でも、雪女ではなく ミエ県からミエたフツ―のオバサン(ゴメン!)だった。

ビール缶? 広告塔?

航空身体検査で兵庫県の三田市へ、駅前で見かけた立体的な缶ビールの広告塔
邪魔してたガードレールを乗り越えて見るとイヤがある、移動式の看板?
田舎者丸出しで歩道を行ったり来たり、「なんじゃこりゃぁ バスじゃぁ!」
んで、左側を見ると今回お世話になる【せや眼科】さんがあった、取り合えづ入って手続きを
眼科の看板だけど、れっきとした航空局認定の指定検査医、対応も良く大勢のスタッフで待ち時間も少なく楽だった
検査の結果、すべての項目で合格だった(根性、品格、の検査が無くてホッ!)

里山整備と鹿の捕獲

昨年の秋に、山林伐採を頼まれた時に持ち帰ったままになっていたのを切ってもらった
早く片付けなくてはと気になっていた、松さん、吉さんの たまげる様な作業スピードで予想以上の早さで終わる

5m位の丸太を薪用に45㎝に切る

5m位の丸太を薪用に45㎝に切る

時々、雪や雨が降る中焚火で暖を取りながらやる

時々、雪や雨が降る中焚火で暖を取りながらやる

くくり罠にかかった鹿

くくり罠にかかった鹿

   
    
「倉庫の裏山に鹿がおるよ!」と、電話をもらったので行ってみると大きなメス鹿が暴れていた
おおきなオス鹿は角を向けて突っかかってくるけどこれなら大丈夫!

玉ねぎを2,000本植えて ぜぇ~んぶ食べられた事もある、苗代の苗をガブガブ食われたことも、人参もレタスも鹿の餌
野菜や稲の栽培意欲が消えそうになることもしばしば・・・

自然任せで 勝手に生える大根と刃物研ぎ

種が落ちて勝手に生える大根、生える場所が決まっていないのでゆとりの面積が要る

たぶん8年以上続いている、 種が落ちて勝手に生える大根、生える場所が決まっていないのでゆとりの面積が要る

いつものクセで鉈も鎌もヒゲが剃れるまで研いでしまう、1本研ぐのに1時間以上かかった

いつものクセで鉈も鎌もヒゲが剃れるまで研いでしまう、1本研ぐのに1時間以上かかった

雪の下で ぺしゃんこ になっていたソラマメも葉っぱが起き始めた

雪の下で ぺしゃんこ になっていたソラマメも葉っぱが起き始めた

台所の前の水仙も花数が増え始めた

台所の前の水仙も花数が増え始めた

二人の誕生会

玲子さんと幸央の誕生会、広島市内と岩国市から子供達や孫がプレゼント持参したり、来てから作ったり、
私はしっかりといただきました。

狭い所で写すとこんなになった

狭い所で写すとこんなになった

子供達は 花やケーキ等のプレゼント 私ゃいただくだけ!

子供達は 花やケーキ等のプレゼント 私ゃいただくだけ!

小1の孫に言われてやったけど ぜーんぶ負けた クッソー! 今度来たら負かしちゃる!

小1の孫に言われてやったけど ぜーんぶ負けた クッソー! 今度来たら負かしちゃる!

雪の下で育っているニンニクの様子

雪が融け始めて見えてきたニンニク

雪が融け始めて見えてきたニンニク、無肥料 無農薬での様子

井戸ボーリングと配管工事完了!

配管工事

配管工事

コンクリーの井側の中に水中ポンプの制御装置が入っている、ポンプは地下50m

コンクリーの井側の中に水中ポンプの制御装置が入っている、ポンプは地下50m

里山まなぶ会で 伐倒と危険木(かかり木)の処理 安全講習会

先週に引き続き今日も雪の中、樹高20m位の杉林で伐倒、伐る樹の周囲には、ナラの巨木や杉 桧が接近して生えている
どちら方向に倒しても周辺の樹に寄りかかる状態で伐り始める
先端が少し傾く程度で早速【かかり木】となる、とても危険な元玉切りで2mほど切って少しずり落す
次に、チルホールを使って元口(根元側)を引き上げるように引く、樹が少しずり落ちたところで再び元玉切、
これで、かなり樹が倒れてきた、又、チルホールで引く、地響きと共に周辺の木や枝をへし折りながら雪の山に横たわる

講習会前の 本日のメンバー

講習会前の 本日のメンバー

始めに伐倒の説明

始めに伐倒の説明

何時もより高い位置での受口

何時もより高い位置での受口

かかり木となった

かかり木となった

チルホールで曳く

チルホールで曳く

DSC_0014

とんど じゃぁありません、倒した杉の枝葉を燃やして暖をとります

とんど じゃぁありません、倒した杉の枝葉を燃やして暖をとります

ジープで雪の中を

久しぶりに雪の中を走った
気持ち良かったぁ~!
んで しっかりと ‘どや顔’ に

湿った雪だった

湿った雪だった

ジープが走った後

ジープが走った後

井戸ボーリング 120m掘削 カナケ水遮断完了

数回、水脈に当たったけど、かなり鉄分を多く含んだ水だった
掘削中に新しい水脈に当たると、いったん機会をとめて水質検査を繰り返す
掘削が終わった時点で使える水だけ汲み上げられる様、VP100㎜に遮水加工してボーリング孔に挿入設置完了
そして、コンプレッサーの圧縮空気を利用しての揚水テスト、この結果によって最適なポンプを決める

3.0m×40本=120m掘削完了

3.0m×40本=120m掘削完了

エアリフト方式での揚水

エアリフト方式での揚水

鉄分を多く含んだ水は試薬で赤くなっている

鉄分を多く含んだ水は試薬で赤くなっている

鉄分を多く含んだカナケ水のときれいな水の間を遮断したらバッチリの結果となった

鉄分を多く含んだカナケ水のときれいな水の間を遮断したらバッチリの結果となった

里山まなぶ会でチェンソーの安全講習会開催

まだまだ、山には雪が残っていたが予定通りに安全講習会開催

今回の講習会は、「その時の流れのままで進める、体感してもらう!」のテーマを自分の中に置いてやってみました。

順序はバラバラだったけど、予定内容は消化出来た感じ。

聴きたい事、に答(応)えておかないと、次の事が入っていきにくい様なので

まぁ「 伝えて、聴いて、やってみて」、の繰り返しで少しづつ身に付くことでしょうねぇ

次回は、危険を伴う作業なので、こちらの進め方により、伐倒の基本を実際にやってみましょう

チェンソーの切れ具合の確認

チェンソーの切れ具合の確認

機械のメンテナンスに使う竹ベラを各自で作るところから

機械のメンテナンスに使う竹ベラを各自で作るところから

ソーチェン目立て前と後の違いを体験

ソーチェン目立て前と後の違いを体験

参加者の皆さん

参加者の皆さん

休憩や弁当は焚火で暖まりながら

休憩や弁当は焚火で暖まりながら

「煙たいのぉ~」「風がのうて(無くて)気持ちがええのぅ」と、それぞれの昼めし
デザートは、広島市内から来られた、ABさんからの差入れで「ちから」のおはぎ3種類、「極楽 極楽 はぁ~~・・・」

DSC_0022

DSC_0023

DSC_0020

DSC_0021

DSC_0019

木の枝に雪 そして快晴

雪が静かに降り 冷えた朝、南東の稜線から太陽が見えたら 雪が一気に白く輝く

裏山の駐車場

裏山の駐車場

あづま屋付近

あづま屋付近

坂道の途中

坂道の途中

雪見の先客が

雪見の先客が

台所前のマユミの木

台所前のマユミの木

DSC_0057